記事一覧

ルール概要

当日までに変更がある場合があります。ご了承ください。

1R ペーパークイズ[ALL>48]
通常の筆記問題100問と近似値問題1問からなる。制限時間は20分。上位48人が2R進出。
順位は、(1)筆記の点数→(2)近似値差→(3)第一連答数→(4)エントリーナンバーの小ささにより決定する。
※第一連答数とは筆記問題の第1問から最初の誤答までの正答数のこと。全問正解ならば100、第1問を誤答すれば0となる。

以下は早押しクイズを行う。

2R アドバンテージ・連答付5○2×[(12>5)×4]
1問正解で+1P、連答で+2P。5P到達で勝ち抜け。2度の誤答で失格。
1Rの順位に基づき4組にわけて行う。
1R1~4位に3P、5~12位に2P、13~24位に1Pのアドバンテージが開始時に与えられる。
各組5人勝ち抜け。
失格者が7人となった場合はその時点で解答権を持つ全員を勝ち抜けとする。その際の通過順位は、終了時点での(1)ポイント→(2)誤答の有無→(3)1R順位により決定する。

3R コース選択[(5>2)×4]
2Rの勝ち抜け者は以下の4コースのいずれかを選んで参加する。各コース5人参加。
前2つのラウンドでの成績により優先順位を決定し、各コース希望者が5人を超えれば優先順位上位者から5人が参加し、逆に5人を下回れば優先順位下位者から補充する。
優先順位は、(1)2Rの通過順→(2)1R順位により決定する。
各コース制限時間は20分。SFへの進出枠は各コース2。
失格になるとその時点で確定していない順位の中での最下位とみなされる。
失格者が3人となった場合はその時点で解答権を持つ全員を勝ち抜けとする。通過順位については各コースで規定する。
なお「サドンデス」は5問限定の1○1×で行う。

以下各コースの説明
10○10×
1問正解で+1P、10P到達で勝ち抜け。10回の誤答で失格。
タイムアップ時に勝ち抜け者が2人に満たない場合は、(1)P→(2)×の少なさ→(3)サドンデス→(4)コース選択の優先順位により順位を決定し、上位者から進出枠を補充する。
3人失格時の通過順位は、(1)P→(2)×の少なさ→(3)コース選択の優先順位により順位を決定する。

10 up-down
1問正解で+1P、10P到達で勝ち抜け。誤答でPが0に戻り、2回の誤答で失格。
タイムアップ時に勝ち抜け者が2人に満たない場合は、(1)P→(2)×数→(3)サドンデス→(4)コース選択の優先順位により順位を決定し、上位者から進出枠を補充する。
3人失格時の通過順位は、(1)P→(2)×の有無→(3)コース選択の優先順位により順位を決定する。

10 by 10
値A(初期値0、正解で+1)と値B(初期値10、誤答で-1)の積がPになる。
100P到達で勝ち抜け。Bが0になれば失格。
タイムアップ時に勝ち抜け者が2人に満たない場合は、(1)P→(2)サドンデス→(3)コース選択の優先順位により順位を決定し、上位者から進出枠を補充する。
3人失格時の通過順位は、(1)P→(2)コース選択の優先順位により順位を決定する。

Swedish 10
1問正解で+1P、10P到達で勝ち抜け。10×で失格だがPが増えると以下のように1度の誤答による×の増加数が増える。
【0○時は1×、1 or 2○時は2×、3 , 4 or 5○時は3×、6 , 7 , 8 or 9○時は4×】
タイムアップ時に勝ち抜け者が2人に満たない場合は、(1)P→(2)×の少なさ→(3)サドンデス→(4)コース選択の優先順位により順位を決定し、上位者から進出枠を補充する。
3人失格時の通過順位は、(1)P→(2)×の少なさ→(3)コース選択の優先順位により順位を決定する。

敗者復活[ALL-8>1]
第1ステージ:3R勝ち抜け者を除いた全参加者を1R順位に基づき、10~12人程度の組にわけ2○1×の3人抜け
第2ステージ:第1ステージの勝ち抜け者をまた10~12人程度の組にわけ3○1×の3人抜け
第3ステージ:第2ステージの勝ち抜け者で連答付き5○2×の1人抜け

SF 3セットタイムレース[(8+1)>3]
5分間タイムレースを3セット行う。Pはセットをまたいで持ち越す。
各セット終了時にPが最も多い者が勝ち抜け、P数下位2人が脱落。
第1セット:正解で+1、誤答で-1P
第2セット:正解で+1、誤答で-2P
第3セット:正解で+2、誤答で-2P
勝ち抜け・脱落ライン上に規定数以上に同点で並ぶ者がいた場合はサドンデスを行う。
ここでもサドンデスは5問限定1○1×(ただし同点で並ぶ者が多数いる場合限定問題数を増やす可能性がある)。
サドンデスで決着がつかなかった場合は以下で定める優先順位に基づき勝ち抜け・脱落を決定する。
優先順位:(1)3Rを通過したか否か→(2)3R順位→(3)3Rでのコース選択の際の優先順位

FR トリプルセブン[3>1]
第1セットは7○1×、第2セットは7○2×、第3セットは7○3×、とセットが進むごとに失格までの×数が多くなる(第nセットが7○n×)。
2人失格した場合は解答権を保持している者がセット獲得。
3セット獲得で優勝。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント